MENU

カルテットの俳優たち

f:id:hydrangea2602:20170323165118j:plain

終わった後の余韻がほわんと続いているのでまたまた書きます。超個人的な記録です。

 

カルテットに出演していた俳優4人について。

 

f:id:hydrangea2602:20170323165827j:plain

松たか子

初めて見たのは、ロングバケーションの涼子ちゃん。清楚で大人しくて、主人公の南と正反対で、この時思ったのは、涼子ちゃん、鬱陶しい。(決してたか子じゃなく)

 

うじうじしてるし。なんだか瀬名が涼子ちゃんのこと好きなのをいいことに利用しようとしてるし。

 

そうしたら、次にラブジェネレーションでキムタクの相手役になっていて。今度は活発で一生懸命で、一途にキムタクのこと好きになる手品が上手な女の子でした。健気さと強気が同居してる感じが良かったなぁ。

 

そこでおしまいです。子育てが始まったので、その後のHEROも一切観てないんです。彼女自身も結婚して子育てしてそれほど画面にも出てこなかったですよね。

 

そして久しぶりに見たのがこのカルテット。体型も顔貌も当たり前だけど私の知っている20代の彼女じゃない。おばさんと言うのは憚られるかもしれないけれど、ちゃんと年を取ってきた存在感と、血筋の良さと、生まれ持っている品の良さで悪人善人どちらかわからないスレスレの役がぴったりはまっていて、唸りました。

 

満島ひかり

初めて見たのは結構最近のことです。2013年のドラマ、Womanと映画の夏の終わり。

 

Womanって、カルテットと同じ脚本家が書いたドラマで、毎回息苦しくなってました。田中裕子と二階堂ふみを相手に頑張ってたなぁ。小林薫が癒やしでね… 夏の終わりでは愛人だったけど。あ、ここに医師役で高橋一生も出てたんです。

 

すっごい女優さんだなぁって思いました。若手俳優の一番手だなぁって。

 

その後、ごめんね青春、ど根性ガエル、いつかこの恋、トットてれびも観ました。ごめんね青春の役、自意識過剰でプライド高くて、すずめちゃんとは全然違うんだけど好きだったなぁ。

 

 

f:id:hydrangea2602:20170323204050j:plain

 

松田龍平

まあ、優作の子供です。


 松田優作って私世代にはもうとんでもなく神のようなひとで、若くて死んじゃったから余計に。ジーパンだったり、薬師丸ひろ子と共演してダメな探偵やったり、ブラック・レインでハリウッド相手に喧嘩売ったり。

 

その人のこどもです。うわあ。です。大きくなって同じように俳優やってます。

 

なんかそれだけでもういいです… てなります。ありがとう。優作の遺伝子もったあなたがそこにいてくれて…って。

 

まほろもBarもみてないです。でも、あまちゃんのミズタクで落ちました。

 

「なぜ、出ない、電話に、君は」のセリフでノックアウトでした。

 

 

高橋一生

すみません、高橋一生の話始めたら終わりません。

 

あなたの一生はどこから?

 

私は2013年の激流から。ともさかりえの弟役でした。決して目立つわけではないんだけど、低く暗いエネルギーを発してたんですよね。主だった役の俳優さんよりずっと。

 

でも、実はジブリの「耳をすませば天沢聖司の声が初めてだったんです。ずっと知らずにいました。

 

そこから、Woman、夜のせんせい、ペテロの葬列、信長協奏曲、だから荒野(この役、すごかった)、民王(貝原やっほー)、いつ恋、グラメ、ずっと観てます。シンゴジラにも出てました。大河ドラマにも出演中。

 

3月のライオン」で先生役もやってます。

 

太陽みたいな存在ではない。どちらかと言えば、月みたいなひと。冷たい空気を発してるようにみえて、でも、目の奥底が温かいひと。を演じられるひと。

 

生い立ちなどを知っていくうちに、その何層にも見えてくる苦悩であるとか、憂いであるとか、皺に刻まれた深い悲しみであるとか、見えてくるんですよね。

 

だからこその存在感なんだなぁと。

 

mitosuzukita.hatenablog.com

 

この記事を見つけました。

 

なんていうか「訴求力」に対する「求心力」っていうのかな、発散する力ではなくて引き込むチカラがとても強くて、

高橋一生のビジュアル的な解釈【新モテ基準を持っている】 - デザイン観測

 

ここ。ひとの性格であるとか、容貌から見せる雰囲気であるとか、そういうのを言葉にしてまとめるのはとても難しいのだけど、この方が書いている求心力という言葉。これがぴたりと言い当てている気がします。

 

Womanに出演していた時は満島ひかりが主役で、その主治医という出番もそれほど多くない脇だった彼が、今回、彼女と同じ主役になったというのはなんだかじんと来ます。

 

CMにもひっぱりダコだし、ananの写真も評判になったし、星野源と共に今年いちばんブレイクした俳優にカテゴライズされるんだろうけど、そういうフワフワした名称で呼ばれるのに一番遠いところにいるひとのように見えます。

 

まだまだ語りたいことはありますが、またの機会に。

 

 

hydrangea.hatenablog.jp

 

************

 

お越し下さりありがとうございました。

 

最近カルテットブログになってますね♪

 

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村