読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

洗濯のメンドウくささをどうしよう

Washing

 

洗濯って家事の中でもほんとめんどうなものに入ります私の中で。

 

 

 洗濯はとにかくやることが多い

 

洗濯機がなかった時代の労力の多さを考えるとくらくらしてきますが、洗濯機がやってくれる今だってやることは相当に多い。

 

洗濯槽に入れる。洗剤を入れる。スイッチを押す。洗濯槽から出す。しわを伸ばしながら洗濯干しをする。乾いたらはたきながら家の中に取り込む。畳む。所定の場所へ収納する。アイロンする。

 

ああああ。

 

疲れた。書いてるだけで憂鬱な気分になってきました。

 

少しでもラクに

そんな洗濯をね、ちょっとでも楽しく(むりだけど)ラクにしたいものだ、と思ってやっていることをちょっと書いてみます。

 

1.洗濯ばさみを多めに

物干しざおに直接はさめる大きめのものをたくさんもってます。小さいものだとアクションが増えます。大きめのものではさめば一回のアクションで固定できるので。

 

2.ハンガーは気に入ったもの

 

 

 

このステンレス製ハンガーを使い始めたらちょっとテンション上がりました。毎日使ってるとそれも日常になっちゃうものですけどね。それでもやっぱり気に入ったものを使う方がいいですね。

 

3.取り込むときに分ける

3階のベランダに干しています。娘のものなど3階にしまうものは、その部屋に置いてあるテーブルに取り込みつつ置きます。1階2階にしまうものはかごに入れます。そのかごを持って2階のリビングに降ります。

 

 

4.畳むときに座らない

前は床に座って洗濯ものを畳んでいたんですが、それよりも立って作業した方がラクです。リビングに置いてあるダイニングテーブルを作業台にして、畳みながらしまう場所ごとに山を作ります。そしてそれぞれを所定の場所に収めます。

 

5.後回しにしない

後からやりましょって思っちゃう誘惑にできるだけ負けないようにします。後からにするとメンドウくささが倍になるし、しわくちゃになります。

でも、フルで働いてるときは無理でしたね…何日間か洗濯物が山のように溜まってました…たぶん、働いていたらもっとこどもに甘えた方がいいなぁ。

 

 

その他

畳まないっていうのもいい。ハンガー収納を増やす。このアイディア、2000年くらいかな、朝日新聞に家事を手放そうっていう百瀬いずみさんのコラムがあって、読んでいてほんと目から鱗でした。

 

家族の多い方は、ひとりに一つかごを用意してそこへ畳まずにぽんぽんと入れていく。それを自分で部屋に持って行かせるなどなど。

 

ほんとに何かいいアイディアあったらぜひぜひ教えてくださいませ。

 

 

************

 

お越し下さりありがとうございました。

 

映画館で好きなとことイマイチなとこってないですか。イマイチだと足が向きませんよね…

 

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

 

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村