読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

大事なうた ~U2  Walk on~

お気に入り

[caption id="attachment_2401" align="alignnone" width="640"] toddpoirier / Pixabay[/caption]

たまに聴きたくなるんです、U2のWalk on。

 

Twitter見ていたら、アウンサンスーチー氏の写真が出てきて、この歌が歌われたときと今とは彼女の境遇は随分変わったなぁって。

 

 

この歌は、もともと、ビルマ(現ミャンマー)で軟禁状態にあったアウンサンスーチー氏へ捧げた歌らしいです。彼女は、ビルマ建国の父と呼ばれたアウンサン将軍の娘で、1988年以来、ほとんどの期間軍政権によって軟禁状態にありました。

 

社会へのメッセージを多く歌うU2が彼女を思って作ったWalk on。2001年の同時多発テロ以来、その歌詞の持つ普遍性とその勇気づけられるメッセージによって有名になり、2002年にはグラミー賞を受賞しています。

 

ミャンマー民主化を切に願ったU2のこのアルバム或はシングルを持っているだけで何年もの量刑に処せられてしまうこともあったらしいです。

 

ようやく軟禁から解かれたのが2010年。そこから政治活動を再開し、今や実質的な政権を握っているスーチー氏ですが、長い長い軟禁生活のなか、国外退去を条件に自由になることを拒否し母国に留まる決意をした結果、その後生きてイギリス人の夫と会うことがなかったと、、、、彼女の強い意志と勇気。それを讃えつつ励ましのメッセージを謳ったU2

 

What you got they can't steal it No they can't even feel it   あなたが持っているものを、決して彼らは盗むことはできない。 感じることさえもできない   What you've got they can't deny it Can't sell it, or buy it   あなたが持っているものを、彼らは否定できないし 売ったり、買うことだってできない   You could have flown away A singing bird in an open cage Who will only fly, only fly for freedom   飛び立つことだってできたのに 開いている籠の中で歌う鳥のように 自由へと向かって飛んでいく鳥のように

 

それなのに飛んでいかなかった。

 

このうたを初めて聴いたのはずいぶん前で、外国にいた頃で。愛を選ばず国を選んだ彼女の苦悩と、「あなたが持っているものを彼らは盗むことはできない」と書いた歌詞とに打ちのめされつつ共感したような記憶があります。

 

この歌の入ったアルバムは、All that you can't leave behind (あなたが置いていけないものすべて)という名前がついているんですが、自分にとって置いていけないものとは何だろう、と考えるとき、30代の頃と今とはまた違っていたりするんですよ。そんなことを考えつつ、休日の午後を過ごしています。

   

************
お越し下さりありがとうございました。

 

雨ですが、楽しく過ごされてますか。私は料理を作りながら音楽三昧です。  
にほんブログ村 トラコミュ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村