読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

SMAP解散騒動でおもうこと

まだ疲れの残る日々が続いております。

 

そして、SMAPの解散騒動についてネットもテレビも忙しそう。

 

生放送で解散回避のはなしをするみたいっていう昼間の報道で、よかったな、、、と思ったんですが、実際見ていたら、SMAPのメンバーは憔悴しきっていたし、謝罪ばかりだし、あれあれ、、、?結局解散なのそうじゃないの?っていう根本的なことすら不明瞭な状況で。

 

生放送が終わってすぐに通常にもどったから、ああ、解散はしないってことよね。と思いましたが、ここまで謎の残るような内容になるとは正直びっくりしました。

 

次の日のテレビの報道は概して、解散しなくてよかったね、の方向だったのをみて、ネット、特にTwitterに流れてくる、事務所がこわすぎる、とかあれは見せしめ・公開処刑だった、というような流れをみてると、改めてネット内とネット外での乖離を感じました。(ネットを一切見ない母は解散せずにすんで良かったと喜んでましたし)

 

私はSMAPのファンでもないけど、若いときに売れなくて、それでも夢はモリモリっていう深夜の放送に出てバラエティにがんばってる彼らをみてたし、だからこそ売れてきて、不遇な時代から明るい場所に出てこれて、森且行脱退という危機や草なぎ稲垣逮捕の不面目な事件も乗り越えて、ザアイドルなのに親しみやすくて歌ヘタなのにそれを売りにしちゃったり、震災のときにも現地へ行ったりいまだに番組で募金を訴えたりする彼らのことを応援したいな、と思ってます。

 

事務所がダーク過ぎるっていうことについてだけど、あの事務所って、所属タレントの結婚を許さないっていうのはみんなが知ってる不文律で、その時点で人権的にどうなのあり得ない~~!っていう事務所じゃないですか。

 

そういう事務所に(知らずにだったとしても)入って、有名になりたい、売れたいっていう10代だった彼らが、大人になっていくうちに、「あれ?ここおかしくない?」って思った時点が必ずあったはずなんですよね。その時点で戻れないところにまで来ちゃって諦めたのか、ま、いいかで居続けたか、それはぜんぜんわからないけれど、そういう選択をしたのは彼らなんですよね。

 

だから、あの事務所は~うんぬん、日本の芸能界はだめだわうんぬん、というのはまた別のはなしで、彼らが自分でした選択→独立しようとした、でもうまくいかなかった、やっぱり事務所に残りたい、生放送で謝罪しなきゃ、という流れになって、あのような5人のスピーチというかおはなしになったのは、まぎれもなく彼らがえらびとったこと。

 

いや、事務所の圧力が~とかそういうのはいいっこなしです。だっていいおとななんですから、絶対やりたくないこと、いやなことなんて、やらずにいないと、自分のだいじな部分が壊れていくだけ。

 

もし、それができないのが芸能人、特にジャニタレだっていうんなら、ほんとに彼らがやりたいように、ぶちこわしたいものがあるのならぶちこわしてほしいし、これで解散危機回避だったとしても、時期をみていくらでもやんちゃして、「○○をぶっこわす!」くらいやってほしい気がします。

 

 今日は熱く暑く語ってしまいました、、、

 

 

 

☆ 鶏肉の元気焼き(生姜、にんにくで炒めたから)

☆ 卵焼き(紅ショウガ、キャベツ入り)

☆ 紫だいこんマヨ和え

☆ プチトマト、キャベツ

 

 

f:id:hydrangea2602:20160120105431j:plain

 

卵いっこをふつうのフライパンで卵焼き作るのって難しいかと思ったらそうでもなく。

 

紅ショウガとキャベツの組み合わせは、前に見た、マツコの知らない世界のお弁当の回で紹介されていたものです。お好み焼き風味でおいしいです♪

 

******

 

よろしければ私のもうひとつのブログにもいらしてください。


ゆたかにすっきり暮らす  | 断捨離、家事、習慣。暮らしの見直しを楽しむゆたかにすっきり暮らす | 断捨離、家事、習慣。暮らしの見直しを楽しむ