読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

2015年、こんな年

[caption id="attachment_1123" align="alignnone" width="640"] steinchen / Pixabay[/caption]  

2015年もあと少し。皆さんにとって今年はどんな年でしたか?

 

どんな年かを振り返るとき、良いことと、悪いこと、たぶん毎年どちらもあるだろうけど、記憶や気持ちに残るのがどちらなのかによって、その年が自分にとって良い年だったかイマイチだったのか、が決まるんでしょうね。

 

或いは、悪いことやイヤなことがあったとしても、それを流せるか流せないかでも決まるかも。その悪いことも何かしらの意味があったのだ、と思えればまた違う、とか。

   

こうやって、年末に自分の1年を振り返ってみるというのはなかなかおもしろいです。

 

なぜかというと、全く忘れてしまってることも手帳を見かえしてみてああ、これって今年だったんだ!ということがあります。例えば私の場合、無印のタオルを洗面とお風呂場に色を変えて揃えたり、新しいめがねを買ったりが今年の初めでした。手帳になんでも書いておくのはいいな~と思いました。(忘れやすいので)

  記憶を辿ってみると、ひょんな時に思い出したりすることもあったり。年末ならではのお楽しみです。

   

私の2015年は、「周りを看た・見た」1年だったように思います。

   icon-paperclip まずは両親。

 親との大げんかで今年1年が始まりました。両親とも同時に病気になり、その病気のための通院、検査、等々、何度も実家に行き、病院にも行き、ふたりともやっと落ち着きました。元気にふたりで暮らしているのでなによりです。  

 icon-paperclip こども。

 長女が受験をするというので予備校に行き始めて夜遅くなって気をもんだり。受けるのは彼女で私ではないので別にどうってことないって言ってしまえばそうなんですが、やっぱりね。気になります。

   icon-paperclip 家の中。

 ずいぶんそうじやモノの処分を考えた1年でした。なんとなくやっていた毎日のそうじを紙に書き出し、どうやってどんな風にやっていくのが自分にとっていいのかな、といろいろ試行錯誤しました。うまく体系化できた場所もあれば、まだまだ手のつけていない場所もあります。   モノの処分に関しても、停滞したり捗ったり。11月~12月にかけて怒濤のように処分しました。    

両親の病気は、どちらかと言えば悪かったこと、に入るのでしょうけれど、これはやっぱり通るべき道だし、いろんなことを考えて調べて知らない分野のことを知りました。

 

そうじやモノに関してもたくさん本やブログを読んで参考にしました。こちらにコメントを寄せてくださる方から学んだことも多々ありました。整理収納についても興味を持ったので、知りたいことも無限に広がっていくように感じます。

   

このブログをFC2から引っ越ししたのも私にとっては大きな出来事でした。残りあと3日、毎日更新すればちょうど100記事になります。また来年も書いていこうと思っていますのでいらして頂けるとうれしいです。

 

今年1年。ひとことではなかなか表せないと思いますが、年末に好きな音楽かけながらあれこれ思いをめぐらしてみるのも年越しの楽しい時間になったり、苦しい時間にもなったり。

   

************
お越し下さりありがとうございました。

 

ちかくのお店が5%引きだったので、日曜日にお正月食品たくさん買ってきました。でも高い。数の子高い~泣  
にほんブログ村 トラコミュ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村