MENU

収納を考えるためには、不必要なモノを減らすこと

[caption id="attachment_1036" align="alignnone" width="640"] Didgeman / Pixabay[/caption]

    

整理収納アドバイザー2級の講座を受けて、自分に何が足りないかを知りました。

 

「整理」ということばの意味、説明することできますか。ことばってなんとなくわかってなんとなく使ってることが多いんですよね。  

ことばの意味を知る

「整理」というのは、

 

不必要なものを取り除くこと

  ああ、、、そうか、、、と目からうろこが落ちたように思いました。  

断捨離だ、片付けだ、と自分の中でお祭りのように騒いでいたけれど、結局、まずやることはひとつ。「整理」すること。

 

捨てることが目的じゃないなら何が目的か

断捨離ということばを使うと、なんか響きもいいしかっこいいなんて思ってたけれど、私にとって、捨てることそのものが目的じゃないということがはっきりしてきました。何が目的なのか?

 

部屋のなかが整然としていて、いろんなものが使いやすく、毎日が暮らしやすく、自分にとっても家族にとっても心地良い空間をつくること。そのために動線を考え、取り出しやすい、戻しやすいモノの収納をしていくことです。

 

シンク下収納やいろいろ最近収納に興味がわいて無印のボックスにしようかな、セリアにしようかな、とかいろいろ考えてましたが、収納自体は、「整理」が終わった時点で考え始めることで、今、まだまだ不必要なモノがある状態で収納を考えてもだめなんだということが身に浸みてわかりました。

 

なので、今日は「整理」の日にします。まだ不要なモノが集まっている場所をメモに書きだしました。ふだんの家事を優先していると、それだけで疲れてしまうので、今日はモノの「要不要」を考えることに集中しようと思います。  

それでは皆さん、よい1日を(^_^)

   

************
お越し下さり、ありがとうございました。

 

今日はお洗濯がぱりっと乾きそうです。  

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村