MENU

本屋さんにミニマリストや暮らしの本

[caption id="attachment_903" align="alignnone" width="640"] futureprimitive / Pixabay[/caption]

   

最近、本屋さんに行くことが少なくなってます。欲しいと思う本がなかったり、図書館で借りることも多くなったり、欲しいならネットで買ってしまったり。

 

昨日、久しぶりにすぐ近くの本屋さんに行きました。それほど大きくない本屋さんで、いわゆる売れる本のみ置いてある大型書店の小さい版。という感じ。

 

ひとつ驚いたことがありました。以前より、ミニマリストや暮らしや片付けのコーナーが増えていたことです。

 

特に今年はミニマリストということばが流行語大賞にもあがっていたほど、NHKでも取り上げていたほど、このことばはネットを越えていろいろな場所で見聞きしたことばでした。

 

ネット、ブログの世界で綴られていた、ミニマム、ものをもたない、最小限でくらす、等々の生活が本になって出版されることが今年とても多く、断捨離ブーム、こんまりさんブームは相変わらず続いていながら、それを更に極限にまで推し進めている「ミニマリスト」の方々を、どこかうらやましく思う気持ちが私にもあります。

 

ミニマリストということばには興味や関心を持ちながらも、うらやましいだけで、家族の多いうちではムリだわ、、、と諦めている私にはそういった本を手にするのもはばかられて、ブログでちょろっと拝見するだけで満足しています。

 

その代わり、昨日、本屋さんで気になった本が何冊かありました。

 

   

「自分らしい」という題にひかれました。本に書かれてあることを完璧にコピーしたりするんじゃなくて、自分らしいっていうのは大事なワードだなと思いました。でも自分らしいってことの方が難しいんですけれどね!

   

本多さおりさんって有名なかたですよね。でも今まで読んだことがありませんでした。ぱらぱらとめくっていたら、台所のガス台周辺の道具の置き方がとてもすてきでした。たしかに、身軽に生きたいですね。

   

そして番外編。

この本は、私の旧ブログ時代のものが載っています。出版されたばかりの頃、この本屋さんには全然置いてなくて、夏になっても置かれず、そんなものか、、、と思ってましたが、昨日置いてたんです!それも平積みで。うわ~っと思わず声をだしてしまいましたよ。本を開いてみたら、3刷にもなってました。売れているのですね。

   

できるだけものを持たない生活をしていきたいと思いつつ、ものを持つのならば自分が気に入ったもの、そばに置いて気持ちが安らいだり穏やかになったり心弾むようなものを。

  家事はたいへんだし、面倒だしできるだけやりたくない、けれど、そうやっていつもイライラするよりは、それをどうやったら少しでも心地良いものになるのか、という考えにシフトしていく。

 

私が考えていることの答えがありそうなこれらの本、わくわくします。

 

来年はどういう波がやってくるのでしょうね。バブル時代を知っているものとしては、こういった変化を見ていくのはとても楽しみでもあります。

   

************
お越し下さり、ありがとうございました。

 

久しぶりにコロッケ作ろうかな~と思いじゃがいもたくさん買ってきました。じゃがいもごろごろコロッケ。

 

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村